CS60 CS60施術事例

西村先生の広島訪問【福山体験施術会】

西村先生の広島訪問【福山体験施術会】

2020年7月26日・27日の二日間、広島県福山市にて、CS60の開発者でもあり、14年もの間、数々の難病と言われたお客様を施術してきた『西村光久先生による体験施術会』が開催されました。

 

福山会場の主催を担当されました安原さんと、東京青山本部の岡本さんからのFCボランティア募集の呼びかけで、私も26日に参加させて頂きました。

西村先生にお会いするのは研修時以来なので1年半ぶりで、ワクワクしながら会場にはいりました。相変わらずの割腹の良い西村先生の体形に少し安心感を抱き、施術中も冗談まじりで周囲の人を笑わせながら、ほのぼのムードでスタートしました。

 

お子さんの姿勢を心配して連れて来られたお母さんが

「…うちの子は、農作業が好きで、もくもくと作業を…」

先生「僕もこれから脳作業をするからね~。」と言い、

頭の施術に入られたのですが、

皆さん「???」

私が横から「別のノウですよね。笑」と言うと、

皆さん「あああっ!」(笑)

オヤジギャグ連発しながらも、CS60の作業はサクサクと進み、

お客様「それ(ギャグ)どころじゃない!痛いー!!、うーー!」と言い、

すかさず先生は「ウ~。マンボウ! …最近の人は知らんかな~?」

 

こんな調子でとても賑やかな会場となりました。

脳梗塞の後遺症で半身の手足が麻痺された方は施術時間も結構かかりましたが、膝や肩、腰などは10分程度で解決し、難聴のおじいちゃんも、最初は会話が一方通行でしたが、施術終了には補聴器なしで会話が成立していて、周りの人もびっくり!でした。

私たちボランティアは先生の施術後、まだ残っている小さなトラブル担当といった感じで施術をやらせて頂きました。

私も研修では、お客様はベットで(うつ伏せに)寝た状態で施術を始めるイメージが出来上がっていましたが、座ったり、直立で施術したり、(当たり前ですが)西村先生の動きを見てとても勉強になりました。

 

話は変わりますが、ハイパーメディアクリエイターの高城剛さんとタイアップして西村先生が世界中を行脚しながらCS60の施術を行う。という短辺映画がYouTube上に結構な本数あるのですが、(色々な国を訪問しています。)

映像の最初のシーンは景色を上空からドローンで撮影するシーンがあります。今回も高城さんの会社のカメラマンさんがドローンを会場の上空を飛ばしていたので、この施術会も映像化されるのだろう…と勝手に想像して楽しみににしています。

有意義で密度のとても濃い一日となりました。

西村先生、青山本部の皆さん、会場主催の安原さん、ありがとうございます!

-CS60, CS60施術事例
-, ,

© 2020 広島 CS60施術・水素吸入【matobi detox】 Powered by AFFINGER5