電子スピン反転とは何でしょう?

皆さんバイオフォトンってご存知でしょうか?

生物がその生命活動に伴って自発的に放射する極めて弱い自然発光のことで、この光を画像写真にしたものです。どうやら最近は、この発光の発生状態で健康状態がわかってしまうようです。

これを応用した例で言うと、

例えばMRIなどの外部からの強い電磁波を体内に与えると体の上下で強力なS極とN極が発生し、バラバラな方向を向いていた体内の原子・分子も強制的に上下のSN極に向きを合わせてしまいます。ですがその後、体内の各原子が元の向きに戻っていく中、全く戻ろうとしない原子が出てきます。その部位は異常の発生した箇所として、特有の光を発生させる為、画像を目で見て異常個所が判明するという仕組みです。

多くの問題を引き起こす、電子スピン反転とは?

このような異常な個所は原子を取り巻く電子の回転が影響しているとバイオフォトン・アクティベーションの施術をする有賀雅高先生は言われています。また、電子の回転により「核の向き:地軸の様な方向を決める軸」が、電子の異常な回転によりポールシフトの様にずれが発生している状態を「電子スピン反転」と呼ばれています。

有賀先生の話によると電子スピン反転は自然治癒力関わりが強く、同じ環境下(例えば電磁波など)で体調を崩す人とそうでない人が出てくるのは、原子レベルではこの電子の動きが原因の1つと考えているそうです。(アトピーなどもこれに属するそうです)

そして東洋医学で言う経絡で電子スピン反転が発生すると情報伝達がそこで切れてしまうので、気の流れも悪くなり、結果体調を崩すことになるそうです。

物理的な原因では過去の手術やむち打ちの様な衝撃も原因であったりするそうです。また、精神的なトラウマや潜在意識内の(ネガティブな意識や過去生のカルマ)も原因の1つと言われています。

意識の目覚めで電子スピンは変わる?

有賀先生のセラピーでは電子スピン反転の場所を機械を使って特定し、切れた経絡をつなぐことも行っている様です。面白いのは精神的なトラウマはそれに気付いた時点で電子スピン反転が変わると言われていました。科学とスピリテュアルの融合的な話で興味を持ったので、先生のセルフワークのCDを購入して聴いてみましたが、とても気持ちの良い瞑想やヒーリング的なCDでした。物理的にはやっぱりワークを受けに行かないといけない様です。気になりますね~。

バイオフォトン・アクティベーション

CS60も中に強力な磁石とコイルと半導体が内蔵されています。CS60の科学的な解明が未だに無いのは、この電子スピンと何らかの関係があるのでは?なんて思ってしまう今日この頃でした。ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事