本当に水素吸入は効果があるのか?

本当に水素吸入は効果があるのか?

TVやメディアでも話題になりつつある水素ですが、水素を体内に多く取り入れたいと思われる方は最近増えていると思いませんか?

YouTubeで検索しても色々な情報が手に入る様になってきました。

 

【YouTube】TV朝日「そもそも総研」水素はカラダにいいの?

【YouTubeBSテレ東 日経プラス10 水素吸入医療法で治療法はかわる

【YouTube水素吸入医療法がカラダに良い理由とは?

今回はこれらの情報が本当に正しいのか検証したいと思います。

でも、まずその前に「水素水」ってどうなんでしょうか?

水素水は効果あるのか?

水素水は効果あるのか?

水素水は、老化の原因と言われている活性酸素を消去するので老化を防ぐって本当?

 

馴染みのある言葉で「水素水」を良く聞きますよね。結論から言いますと、残念ながら期待するほどの効果はないようです

 

《独立行政法人 国民生活センター》より
容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」-「水素水」には公的な定義等はなく、溶存水素濃度は様々です-
 昨今、水素をうたった水(以下、「水素水」とします。)に関連する商品が数多く販売されています。  飲用する水素水としては、アルミパウチやアルミボトル等に入れて販売されているものや、水素水生成器により作るものなどがあります。一部の商品のパッケージや取扱説明書には溶存水素濃度が表示されていますが、実際に飲用する際に、どのくらいの濃度になっているのかは、分かりません。
 一方、PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)(注1)には、飲用する水素水に関する相談が2011年度以降2,260件(注2)寄せられており、年々増加しています。また、2013年度以降、当センターにも消費生活センターから、「水素水生成器を購入したが、水素水ができているのか疑わしいので調べてほしい。」等のテスト依頼が複数件あり、消費者の関心も高いと思われます。
 そこで、飲用水として販売されている水素水(以下、「容器入り」とします。)10銘柄と、飲用の水素水を作るという水素水生成器(以下、「生成器」とします。)9銘柄、計19銘柄(注3)について、表示・広告、溶存水素濃度(注4)を調べるとともに、事業者へのアンケート調査の結果も取りまとめ、消費者に情報提供することとしました。
(注1)PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)とは、国民生活センターと全国の消費生活センター等をオンラインネットワークで結び、消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースのことです。
(注2)2011年度以降受付、2016年9月末日までの登録分。2015年度以降は消費生活センター等からの経由相談が含まれていません。
(注3)テスト対象銘柄は、PIO-NETの事例にあった銘柄を基に選んだわけではありません。
(注4)本資料では、水に溶けている水素ガス(水素分子)の濃度を示しています。
詳しくはこちら https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161215_2.html

 

水素水の問題点として

まず濃度が挙げられます。水素水の濃度(0.8 ppm ~ 2.0 ppm )これを(%)に変換しますと、(0.00008 % ~ 0.00020 % )になります。そう!限りなくゼロに近い数値なのです。この 0.8 ppm という低濃度でようやく水と融合します。

 

次の問題点として、水素は揮発性が高く、水からすぐ抜けてしまう特性があります。水素水の表示されている濃度は工場で作られた時のもので、消費者が飲む時の数値ではない点です。

 

さらなる問題点として、水素は閉じ込めておく容器がない点です。宇宙で一番小さな原子です。プラスチックの容器などすぐ簡単に抜けてしまうようです。アルミのパッチでも時間の問題と言われています。宇宙で一番小さな原子

 

以上の問題点をまとめると
  • 水素は作ったものをすぐに摂取しないと摂取したことにならない。
  • (水は飲める量に限界がり)水素水は濃度が低すぎて、効果は期待できない。

    ということになります。

     

    では逆に、作った水素をすぐに摂取し、大量に取り入れることができれば問題解決になると思いませんか?

     

    水素吸入の効果

    水素吸入の効果

    次に登場するのが「水素吸入」になります。水素水の弱点を網羅しています。仮に2%( 20,000 ppm )の水素ガスを体内に取り入れるとしましょう。水素水が 2.0 ppm であると仮定しますと、その差は10万倍の濃度ということになります。

     

    また、水は食道を通って、胃や腸で吸収されますよね。ただでさえ水素の少ない水素水が吸収されるまでの時間差があります。水素水がこの時間差を維持できているかを指摘する研究者もいます。

     

    水素ガスはどうでしょう。水素水と比べて10万倍である濃度のガスを吸入され、鼻や肺の粘膜で宇宙一小さな水素分子が毛細血管に取り入れられ血流で各臓器、全身に送られます。そして何より呼吸は時間的に制限や限界が無くずっと吸い続けることができます

    当然ですがガスなので呼吸で吸収されずに、はいた息とともに水素もだだ漏れ状態だと思います。ですが、「2%(20,000 ppm)」という桁違いで圧倒的な高濃度水素ガスにすることで、この水素吸入が先進医療に取り入れられていることをご存知ですか?

     

    「水素ガス吸引」が先進医療Bとして厚生労働省に認可
    2016年12月9日、水素ガス吸引療法Jが厚生労働省の先進医療Bとして認可され、 水素ガスの効果と安全性を世界で初めて、日本国(厚生労働省)が認めました。 第3頁先進医療【先進医療B】 (66種類) 68番 水素ガス吸引療法 水素ガス吸入療法 実施診療科: 救急科 承認年月日: 平成28年12月1日 適応症: 心停止後症候群(院外における心停止後に院外又は救急外来において自己心拍が再開し、かつ、心原性心停止が推定されるものに限る。) 効果:水素ガスは体内で様々な有害物質を無毒化できるのではないかと期待されています。今回の心停止後症候群では、主に脳の機能に焦点を当てて、心停止になった時の脳の酸素不足のダメージを水素によって軽減しようとするものです。これによって、心停止後症候群から回復して社会復帰を果たす方が増えることを期待しています。また、水素吸入療法は世界初の治療法です。この技術が確立されれば、心停止後症候群以外の病状にも応用が容易になります。水素吸入自体には、大掛かりな装置は不要ですので、簡便に効果的な治療が行えるようになります。まさに画期的な治療です。
    詳しくはこちら https://www.hosp.keio.ac.jp/about/yakuwari/senshin/senshin16.html

     

    現在は医療分野以外にも様々な分野で水素吸入が研究されています。

     

    水素吸引に期待できる効果には
    美肌、ダイエット、冷え性改善、便秘解消、疲労回復、アトピー性皮膚炎の改善、アレルギーの改善、糖尿病予防、高血圧予防、抗がん剤の副作用対策、認知症予防…

    などがあり広範囲に渡る効果が期待できます。

     

    ですが、これら効果の根本的な共通点は、水素と体内の活性酸素が化学反応を起こして無害な水に変わることだと思います。

     

     

    活性酸素は体内で炎症の原因であるとよく言われます。

    この活性酸素が無害化されることで、体内のあちこちで発生している炎症が沈静化され上記の効果につながると考えられます。

    次頁はこの活性酸素を水に変えてくれる「水素吸入器の選択」について特集しています。ご自身の自宅やサロンで吸入する機器のスペックを知っておかれる事をお勧めします。

     

    また、活性酸素を減らす方法として、「水素吸入」以外にも生体電流整流器「CS60」という器具を使った施術方法や「大地に裸足で立つ」アーシングという方法もあります。どうぞ、こちらもご覧になってください。

    オンライン予約はこちら

    CS60inHIROSHIMA

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事