水素吸入器の選択【スペックに騙されない為の選択方法】

水素吸入器

水素吸入器を詳しく知りたい方へ記事を書いてみたいと思います。

水素を生成する能力として多ければ多いほど良いのは分かりますが、重要になるポイントは以下になります。

 

重要になるポイント
  • 水素ガスの濃度(●●ppm、●●%)
  • 発生ガスの量(毎分表示が多い ●●cc、●●ml)
  • 連続使用時間・価格・ランニングコストなど

     

    発生ガスの量 × 水素ガスの濃度 = 生成される水素量

     

    例えば

    ガスの量( 2,000 ml/m)× 水素濃度( 2.5 %)= 水素量( 50 ml/m)

    となり、水素を毎分50 ml生成される機器になります。

     

    ここで問題が発生します!

    この数値はどこの数値か?です。

    機械の中なのか?

    人が吸うところなのか?

     

     

    「99.9%の水素ガス」表記に要注意
    家庭向け機器(50万円迄の機器)に多いのですが、下表の「H2 EXCEED」を例にしますと、99.9%の水素ガスを毎分60 ml作ります。この数値はあくまでも機械内部の話であり、人が吸う数値ではありません。メーカーに問い合わせもしましたが、「機械から出た後の数値は、医療機器ではないので表記できない」という回答が返ってきました。

    この手の製品に多い表記として

    • 「1~3%の水素ガスを吸入」吸入口から出た水素ガスが呼気の空気で希釈され、(男女比もあり、目安として)1~3%ぐらいの吸入になるであろうという想定の数値です。(文面に想定の文字は無いので誤解を招きますし、この数値に正確な根拠はありません)
    • 他にも「成人の場合、安静時1回呼吸量は 400 ml 。1分間に15回呼吸し、 6,000 ml の空気を取り込む為、水素ガス60 ml ですと1%吸入しています。」などなど…

    まず、この想定値で比較しても何の役にも立ちません。

     

    人間が呼吸で取り込む空気量を前提とし、(人それぞれ違いますよね)

    次に機械内で生成される水素量を人が吸入したと仮定した時、

    「〇%吸入している」的な表現をセールストークとして前面に出しています。

     

    また一方で問合せ等には「機械から生成された水素はホースの劣化などで漏れることが想定されるので、人が吸う水素の濃度やガスの排出量は書けません」と回答します。

     

     

    「え?!99.9%のガスを排出してるのに、吸う濃度は何%って言えないの?」

    「そこはお答えできません」と返ってきます。

    さらに追及すると「医療機器ではないので…」とかわされてしまいます。

    考え方は色々ありますが、

     

     

    私でしたらこの手99.9%の水素ガスの商品は買わないです。

     

     

    そして、メーカーの表示している数値は「どこで作られた水素ガスのデータか?」を問い正してみるのが一番良いと思います。おそらく大多数の製造元は機械内部で試験をした時の数値のみで、人が吸うカニューレ式やマイク式のノズル部での計測は全くやっていない事となりそうです。

    この結論に唖然としてしてしまう事でしょう。

     

     

    水素は無味無臭です。

    人がどれ程の濃度と量の水素ガスを吸えるのか?

    ここが一番知りたいポイントではないでしょうか?

     

     

    水素吸入の業界も疑ってかからないととんでもない機器を購入させられる怪しい業界である事は事実だと思います。

    でも、そんな中、下記表で「ルルドハイドロフィクス」と「ハイドロオキシスパ」はカニューレ等での計測数値を載せています。水素の多い少ないは別として良心的な企業も中にはありますね。

     

    水素吸入器の比較表【水素ガス生成能力に注目14選】

    この表は「水素水が作れるか」や「ランニングコスト」等は無視してつくりました。

    機内=機械内での数値

    出=機械から排出される数値

    実測=吸入口で脳時計を使った第三者の実測データ(濃度計UPX4で測定値を公表していサイトよりhttps://www.up-x.com/product/inhalation.html

    青文字は良心的に公表されていると感じた数値になります。定価は参考価格です。

    製品名

    メーカー表示水素濃度(毎分)とガス量 吸入口濃度 吸入口のガス生産量(毎分) 連続使用時間

    定価(税別)

    HP

    HEXCEED 水素60ml(99.9%)機内 不明 不明 60分迄

    460,000円

    https://h2-exceed.jp/

    H2-Healer 3.5%機内 不明 不明 (1回30分)

    129,000円

    https://h2v-plus.com/h2_healer.html

    ラブリエリュクス 水素60ml(99.9%)機内 (実測4.0%) 不明 60分迄(30分休憩)

    250,000円

    https://ismz.co.jp/labriller_luxe.html

    Hydro-Breath 水素30ml(99.9%)機内 不明 不明 180分迄(60分休憩)

    300,000円

    https://ismz.co.jp/labriller_luxe.html

    ルルドハイドロフィクス 水素30ml(99.5%)機内 (実測3.5%)
    カニューレで水素30ml 不明

    142,800円

    https://www.h2f.co.jp/hydrofix.html

    MiZ社 MHG-2045

    2.0~2.5%出

    2,000ml出

    (実測2.5%) 不明 最大タイマー90分 320,000円
    アロマ H2ジェネレーター

    2.5~3.5%出

    400ml出

    不明 不明 最大タイマー90分 600,000円
    Vital Share

    3.3%出

    750ml出

    1人(実測2.5%) 不明 不明

    380,000円

    https://www.nseg.co.jp/products/vitalshare.html

    SUISO599 Air

    4.0%(未満)出

    750ml出

    不明 不明 最大タイマー8時間

    800,000円

    https://313599.net/products/air

    Suifeel

    66.6%機内

    3,000ml出

    不明 不明 240分迄(10分休憩)

    2,050,000円

    https://luminance.co.jp/suifeel/

    スイソニア

    66.7%機内

    0.3~1.0%出

    (不明)ml出

    不明 不明 不明

    1,850,000円

    https://www.suisonia.com/suisonia

    Hycellvator ET100

    66.7%機内

    1,800ml出

    不明 不明 最大タイマー60分

    (不明)円

    https://helixj.co.jp/products/

    SUISOKUN L

    67%機内

    600ml出

    不明 不明 6~8時間迄

    (不明)円

    https://www.miwakankyo.com/pg528.html

    ハイドロオキシスパ

    66.7%機内

    2.0%出

    10,000ml出

    (実測4.0%) 約10,000ml 最大タイマー119分

    22,600円7年リース

    https://www.nbc-japan.com/nbc3-J4.html

     

    これは各HPを見てまとめました。いかに不明な箇所が多く、業務用の機器でも大丈夫か?と思わされます。勿論、一つ一つ問合せをすれば教えてもらえる事はあると思いますが、本来は明記しておくべきことだと私は思います。

    選択方法のまとめ

    私の個人的な見解として、機械の排出する部分での水素ガス(濃度・量)が明記されていない機械は買いません。ですので「67%( 670,000 ppm)の水素ガス」「純度99.9%の水素ガス」を前面に押し出してくる会社は怪しいと思った方がいいです。何故ならこの数値は機械内部の生成している箇所の数値だからです。

    ですがこのタイプでありながら上表で1機種だけ、吸入口で 4.0% をクリアしている機器があります。(99.9%が 4.0% まで落ちるのもどうかと思いますが)先進医療Bで使われる水素濃度は 2%と考えると【ラブリエリュクス】は家庭用として、まずまずの性能ではないでしょうか?

    詳細はこちらをご覧ください。
    水素を吸引! 【ラブリエリュクス】

    また、水素ガス(濃度・量)が明記されていても、良心的にわざと低く提示する会社もあれば、実験結果の最高値をそのまま表示する企業もあるので、高額な商品を選ぶ際はデモ時やショールームで濃度計の計測をお勧めします。(濃度計も高額なものが多いので、最近ではレンタルを行っているサイトもあります。)

     

    水素サロンをご利用になられる際は、そのサロンさんの使用している機械名をチェックすると良いでしょう。見えない所に機械がある場合、店員に聞いてみるのも良いでしょう。上の表で比較検討し、納得のいくサービス料金か確認することをお勧めします。何故なら水素は無味無臭です。確実な数値の基で吸入しないと気分で終わってしまう事も考えられます。

     

    (自画自賛になってしまいますが…)

    こうして比較していくと当店でも扱っています「ハイドロオキシスパ」は非常に優れている機器になります。排出ガスが他機に比べると桁違いな毎分10L( 10,000 ml)になっています。また、口元の濃度計でも4%です。

    参照→ https://youtu.be/X9yh2g1T2GE

     

    これは当店の納品時でも計測されています。詳しくはこちらをご覧ください。

    また、水素吸入に効果はあるのか?疑問を抱いている方は是非こちらをご覧ください。

    オンライン予約はこちら

    CS60inHIROSHIMA

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事