CS60inHIROSHIMA
CS60inHIROSHIMA
CS60inHIROSHIMA
CS60inHIROSHIMA
CS60inHIROSHIMA
Slider

CS60は全身の細胞を目覚めさせる施術器具

60兆個の細胞【Cell】を

滑らかな状態にする【Smooth】

Cell Smooth 60 trillion から

名付けられた【CS60】

CS60inHIROSHIMA

CS60で全身に溜まったゴミを取り除こう!

「CS60」は、細胞内のミトコンドリアに直接働きかけ活性化するため、慢性的な肩コリ・痛み・シビレなどの諸症状が緩和されるばかりではなく、基礎代謝量の改善により、免疫力アップ、自然治癒力アップ、老化防止、ダイエット効果、美容効果等を上げることができる他に類を見ない画期的で近未来の医療を担う健康施術器具です

CS60inHIROSHIMA

CS60を開発した西村光久 先生

「CS60」は、西村 光久 先生によって開発され、東京の青山本部(株式会社 日本イノベーション)を拠点として現在も海外へ「CS60」の普及活動を最前線で頑張られています。建設業界や機械の分野でも数々の特許を取得され、医療分野ではこれから訪れる高齢化問題の膨大な医療費による日本の国家予算の破綻を懸念され「今、必要なのは科学ではなく超科学」という結論に至り「CS60」開発に臨まれました。西村先生の熱い思いが書かれています「120歳時代の生き方」を是非、ご興味のある方は読まれてみてください。

CS60inHIROSHIMA

matobi detox は水素とCS60で活性酸素除去

「水素吸入」と「CS60」はとても相性が良いと言えます

プロセスは違えど「活性酸素を減らす」という目的は一緒だからです

「CS60」は活性酸素の発生原因を減らします

「水素吸入」はできてしまった有害な活性酸素を無害な水に変えてくれます

CS60inHIROSHIMA

コース・メニューと注意事項

CS60inHIROSHIMA

CS60inHIROSHIMA

CS60inHIROSHIMA

CS60を体験しての御感想

あまり知られていないが強烈に痛くてよく効くCS60という療法を受けに新井薬師に行く。あちこちに不具合の出た人たちがみんなでゲラゲラ笑いながら痛がっているのでとてもシュールな光景だ。私は腰痛のケアと目のケアで通っている。わかる人にしかわからない治り方なのだが、いつも予約でいっぱい。今猛烈に研修生が来ているので、サロンもじきにたくさんできるだろうと思う。 この治療法を開発した西村先生の宇宙人ぶりに会うだけでも、施術する佐藤さんのひどいダジャレ貯金を増やすためだけでも、価値があると思う。
こんな体験は初めてです。驚きでした。
終わった後は、体全体が活性化したようになり、足取りも軽やかに、頭もスッキリし、感覚が研ぎすまされて仕事のアイデアが止めどなく出てきました。
西村さんは著名なメディアクリエイター氏の信頼を得て、野球史に残る個性が強い名選手や、人気歌舞伎俳優などの施術もしているとのことです。
なんて説明したらいいのか、不思議な体験。悪い方の耳は物理的な手術をしたので劇的な改善はないものの、日頃、私は聞こえる耳が気温や体調により聴力が極度に落ちることを多々経験しています。
実はこのところの寒気で聞こえる耳の聴力がかなり落ちていた現状がありました。コミュニケーションに少し不具合が生じていたのです。
聴力は感覚的要素が強い訳で、そのバロメーターとなるのがテレビの音量なのです。帰宅後テレビのスイッチを入れると明らかに、何時もより小さな音で大丈夫だったのでした。ということは、少なくとも環境に左右される聞こえる耳の側の聴力は上がっているのでした。
それとおしっこが、鮮やかなまるでジュースのようなまっ黄色。薬も飲んでいないのに・・・。
なんと言えばいいのか、この不思議な軽やかさ。とても気になるのでもう一度行ってみようと思います。
『体中の酸化物質や老廃物を、掃除機のように吸い出す「CS60」を体感。これ、マジに凄いです。』から一部、抜粋。
これまでの施術体験談や、西村先生のお話を聞くと、現代医療から見放されたような重症な方ほど、驚くような結果が出ているのだそうです。
また、常連さんには、アンチエイジングを兼ねて日常的に通っている方もいるそうです。何かの情報を知っているか、知らないかで、人生は良くも悪くも変わりますが、玉石混淆の情報が其処彼処に溢れ、何が「玉」で何が「石」か懐疑的になってしまいます。「玉」か「石」かはあなたが決めることでしょう。が、僕には、CS60は、もう、とんでもない「玉」でした。
お医者さんの現代医学でも、歴史ある東洋医学でも改善されない、健康上の大きな問題や悩みがある方は、自分で行って、自分の身体で確かめてみてください。

 

Category
Tag